繊維市場 | 2017年10月07日 08:37 JST

〔NY綿花〕反発=熱帯低気圧接近への懸念(6日)

 反発。熱帯低気圧「ネート」による被害への懸念が背景。ただ、主産地テキサス、ジョージア両州で被害の見通しがないことから、上へ幅は制限された。  12月きりの清算値は0.57セント(0.83%)高の68.84セント。週間では約0.6%高。  綿花ブローカー、キース・ブラウン社のブラウン社長は「ネートは、ニューオーリンズとバーミングハム、アラバマ、そして、ナッシュビルにまで向かっている。ネートの進路上には綿花があるが、大量ではない」と述べた。(ロイターES時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.3 +0.37
NYMEX金先物 12月限 1254.3 +1.4
NYMEXプラチナ先物 1月限 889.4 +7.8
NYMEXガソリン 12月限 1.6548 +0.0116
WTI ・・・ 57.24 +0
シカゴコーン ・・・ 347.5 -0.25
シカゴ大豆 ・・・ 967.25 -1.25
シカゴコーヒー ・・・ 116.95 +0
CRB商品指数 ポイント 184.5239 +0