������������ | 2018年07月13日 07:23 JST

〔NY綿花〕ストップ高=需給報告受け(12日)

 反発。米農務省が月間需給報告で、米国と世界全体の綿花生産予想を下方修正する一方、世界の綿花消費予想を上方修正したことを受け、ストップ高を付けた。  12月きりの清算値は値幅制限いっぱいの4セント(4.73%)高の88.54セントと、3週間超ぶり高値となった。1日の上昇率としては、2012年6月以来の大きさ。安値は84.45セントだった。  オムニコットンのボー・スティーブンソン氏は「市場は明らかに今回の需給報告を極めて強い支援材料と評価した。米国の生産予想の引き下げは大幅で予想から外れていた」と指摘。「消費予想の上方修正が火に油を注いだ」と述べた。  一方、DECAグローバルのジョーダン・リー氏は「世界期末在庫予想の下方修正と、中国の在庫の数字が修正されたことに驚いた人が多かったと思う。この日の報告は、中国の輸入が予想より拡大し、輸入増が予想より早まる公算が大きいことを示唆している」と語った。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 63.13 -1.72
NYMEX金先物 6月限 1273.2 +0.3
NYMEXプラチナ先物 7月限 815.4 -10.2
NYMEXガソリン 5月限 2.0193 -0.0303
WTI ・・・ 62.97 +0
シカゴコーン ・・・ 394.25 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 822 +7.5
シカゴコーヒー ・・・ 91.85 -1.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0