繊維市場 | 2018年08月30日 07:12 JST

〔NY綿花〕4日ぶり反落=貿易問題に警戒感(29日)

 薄商いの中、4営業日ぶりに反落。米中貿易摩擦や北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を踏まえ、投資家は警戒姿勢だった。  中心限月12月きりの清算値は0.82セント(0.98%)安の82.76セント。取引レンジは82.15~84.25セントだった。  オムニコットンのボー・スティーブンソン氏は「NAFTA再交渉の行方や、(米国と)中国、トルコとの貿易摩擦など市場の懸念材料となる問題が解決するまで、市場は方向感を欠くだろう」と指摘した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 71.12 +0.2
NYMEX金先物 10月限 1203.9 +0.2
NYMEXプラチナ先物 10月限 821.9 +1.6
NYMEXガソリン 9月限 2.0207 -0.001
WTI ・・・ 71.03 +0
シカゴコーン ・・・ 345.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 830 +0
シカゴコーヒー ・・・ 96.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0