������������ | 2018年11月09日 07:10 JST

〔NY綿花〕ほぼ横ばい=需要めぐる懸念高まり値を消す(8日)

 ほぼ横ばい。米農務省の農産物需給報告で綿花生産予想が下方修正されたことを受け堅調に推移した後、需要をめぐる懸念が高まり値を消した。  中心限月12月きりの清算値は0.05セント(0.06%)高の79.01セント。一時80.50セントまで上昇し、約2カ月ぶりの高値を付けた。  需給報告で米国産綿花の輸出見通しが下方修正されたことを受け、需要懸念が引き続き相場の圧迫材料になっている。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 63.1 +0.15
NYMEX金先物 6月限 1277.3 -1
NYMEXプラチナ先物 7月限 814.2 -0.1
NYMEXガソリン 5月限 2.0099 +0.0044
WTI ・・・ 63.07 +0
シカゴコーン ・・・ 389 +4.75
シカゴ大豆 ・・・ 831.75 +6
シカゴコーヒー ・・・ 89.9 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0