繊維市場 | 2019年05月15日 07:38 JST

〔NY綿花〕反発=一時3年ぶり安値(14日)

 反発。取引序盤に付けた約3年ぶり安値水準から値を戻した。米中貿易摩擦が解決するとの楽観的見方が改めて台頭したほか、米国の綿花産地が悪天候に見舞われ、作付けが遅れていることが相場上昇の要因となった。  7月きりの清算値は1.31セント高の66.76セント。取引序盤は一時、64.50セントと、2016年7月初め以来の安値を付けた。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.78 +0.01
NYMEX金先物 8月限 1423.3 +1.8
NYMEXプラチナ先物 8月限 842.6 +4.8
NYMEXガソリン 7月限 1.8787 +0.0051
WTI ・・・ 56.47 +0
シカゴコーン ・・・ 436 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 882.5 -1
シカゴコーヒー ・・・ 105.95 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0