繊維市場 | 2019年06月05日 07:18 JST

〔NY綿花〕反落=作付面積拡大見通しで(4日)

 反落。米中貿易協議の行方が懸念される中、穀物の作付けに適さない天候が続き、綿花の作付面積拡大の見込みが高まったことが要因。  7月きりの清算値は0.45セント(0.65%)安の68.97セント。取引レンジは68.48~69.91セント。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.13 +0.08
NYMEX金先物 8月限 1504.6 +0.4
NYMEXプラチナ先物 10月限 852.8 -2.4
NYMEXガソリン 8月限 1.6811 +0.0046
WTI ・・・ 56.13 +0
シカゴコーン ・・・ 359.5 +1
シカゴ大豆 ・・・ 855.75 +2.25
シカゴコーヒー ・・・ 91.45 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0