外為 | 2016年06月15日 15:06 JST

〔東京外為〕ドル、106円台前半=株価上値重く、小緩む(15日午後3時)

 15日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、上値の重い日経平均株価を眺めて、1ドル=106円台前半で小緩んでいる。午後3時現在、106円13~14銭と前日(午後5時、105円85~85銭)比では28銭のドル高・円安。  ドル円は早朝、106円前後で取引された。仲値に向けては、五・十日に伴う輸入企業の買いが入り、106円20銭台に浮上。その後はプラス圏に浮上した日経平均を支援要因に、午前11時すぎに106円30銭付近へ水準を切り上げた。午後はプラス圏でもみ合う株価に連動し、106円10~20銭前後で推移した。  ドル円は、株高にサポートされているものの、引き続き英国のEU離脱懸念が重しとなり、上値も限定されている。もっとも、FOMCの声明発表やイエレン議長会見を控えて投資家の様子見姿勢が強く、「これらを迎えるまでは106円台前半でもみ合う」(外為仲介業者)とみられる。  ユーロは対円、対ドルとも横ばい。午後3時現在、1ユーロ=118円94~95銭(前日午後5時、119円09~10銭)、対ドルでは1.1206~1206ドル(同1.1251~1251ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 43.38 +0.33
NYMEX金先物 6月限 1246.3 +2.7
NYMEXプラチナ先物 7月限 916.6 +2.6
NYMEXガソリン 6月限 1.4387 +0.0033
WTI ・・・ 43.21 +0
シカゴコーン ・・・ 359 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 906.75 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 123.3 +1.35
CRB商品指数 ポイント 168.5694 +0