������ | 2017年01月06日 15:07 JST

〔東京外為〕ドル、115円台後半=米雇用統計待ちに(6日午後3時)

 6日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、今夜発表の米雇用統計待ちムードが強まる中、1ドル=115円台後半でもみ合ってる。午後3時現在、115円92~93銭と前日(午後5時、115円95~95銭)比03銭の小幅ドル安・円高。  ドル円は早朝、115円台前半で推移した。その後一時下押す場面があったが、日経平均株価の下げ幅縮小や時間外取引での米長期金利の持ち直しを受け、連休を控えた実需筋の買いが入り、116円台前半に浮上。買い一巡後は上昇が一服、115円70~90銭台のレンジでもみ合う展開となった。  ドル円は年明け3日には118円台後半の高値を付けたが、足元で3円以上も下落。早朝に115円に近い水準に落ち込んだことで、「いったんは下値を試した感もある」(FX業者)との見方が広がっている。目先の方向感を探る上で、「とりあえず今夜の米雇用統計を見極めたいとのムードも出てきた」(為替ブローカー)とされ、同統計の発表まで現行水準でのもみ合いが続く可能性が高い。  ユーロも午後は対円、対ドルでもみ合い。全般はレンジ圏での推移となっている。午後3時現在、1ユーロ=122円68~69銭(前日午後5時、122円43~50銭)、対ドルで1.0582~0582ドル(1.0559~0559ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.33 -0.27
NYMEX金先物 4月限 1346.8 -10.6
NYMEXプラチナ先物 4月限 933.7 -7.8
NYMEXガソリン 4月限 2.0774 +0.008
WTI ・・・ 68.21 +0
シカゴコーン ・・・ 382 -5.25
シカゴ大豆 ・・・ 1037.25 -7.75
シカゴコーヒー ・・・ 115.25 +1
CRB商品指数 ポイント 0 +0