外為 | 2017年01月27日 01:23 JST

〔ロンドン外為〕円、114円台後半(26日)

 【ロンドン時事】26日のロンドン外国為替市場では、リスク選好の回復を受けてじりじりとドルが買われ、円相場は1ドル=114円台後半に下落した。午後4時現在は114円70~80銭と、前日同時刻(113円60~70銭)比1円10銭の大幅な円安・ドル高。  円はロンドン時間の朝方、113円65~75銭で取引された。米長期金利の上昇を眺めて午前10時前に3日ぶりの114円台を付けると、同10時半ごろ114円40銭近辺まで軟化。その後はドル買いが失速し、114円台前半の狭いレンジでもみ合った。  午後もしばらくこう着状態が続いたが、米株価の過去最高値更新や原油相場の急伸を嫌気して午後3時半すぎに114円台半ばを下抜けると、同78銭まで下げ幅を拡大した。  コメルツバンクのアナリスト、エスター・ライヒェルト氏は「(ドル円が)さらに上値を目指すには新たな材料が必要だ。投資家は2月の米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目している」と指摘した。  ユーロも対ドルで1ユーロ=1.0665~0675ドル(前日午後4時は1.0735~0745ドル)と売られた。対円は同122円40~50銭(122円05~15銭)としっかり。  ポンドは1ポンド=1.2585~2595ドル(1.2600~2610ドル)。英GDP発表前に思惑買いが入り、約1カ月ぶり高値水準の1.267ドル台に強含んだが、予想をやや上回る堅調なGDPを確認すると急速に値を消し、「噂で買って事実で売る」形となった。スイス・フランは1ドル=1.0000~0010フラン(0.9985~9995フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 60.23 -0.05
NYMEX金先物 4月限 1301.7 +15.8
NYMEXプラチナ先物 4月限 859.6 +9.5
NYMEXガソリン 3月限 1.9166 -0.003
WTI ・・・ 60.07 +0
シカゴコーン ・・・ 371.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 906 +0.5
シカゴコーヒー ・・・ 94.75 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0