外為 | 2017年03月17日 21:10 JST

〔ロンドン外為〕円、113円台前半(17日正午)

 【ロンドン時事】週末17日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、手掛かり材料に乏しい中、1ドル=113円台前半で推移している。正午現在は113円05~15銭と、前日午後4時(112円95銭~113円05銭)比10銭の円安・ドル高。  円は113円40銭付近でロンドン市場に入った後、じわりと下げ幅を縮める展開。海外市場では週末の持ち高調整の売りなどが出て弱含んだが、ロンドンでは逆に買い戻しがやや優勢。商いはおおむね通常並みだが、指標やニュースなどの手掛かり材料は特になく、値動きは落ち着いている。米連邦公開市場委員会(FOMC)やオランダ下院選などの注目イベントを通過したため、「市場は『疲れたね』という雰囲気で、相場はあまり動いていない」(邦銀筋)という。  ユーロは朝から堅調に推移していたが、昼前に仏大統領選への警戒感などからまとまった売りが出て、上げ幅を縮小させた。対ドル相場は正午現在1ユーロ=1.0730~0740ドル(前日午後4時は1.0730~0740ドル)。対円では同121円35~45銭(121円30~40銭)。  堅調だったポンドもユーロの売りにつられ、1ポンド=1.2355~2365ドル(1.2365~2375ドル)と小幅安。ただ、イングランド銀行(BOE、英中央銀行)の金融政策委員会(MPC)で1委員が利上げを提案したことが前日に続いて意識され、底堅く推移している。  スイス・フランは1ドル=0.9970~9980フラン(0.9950~9960フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 47.09 +1.42
NYMEX金先物 8月限 1286.4 +0.4
NYMEXプラチナ先物 9月限 979.9 +0.8
NYMEXガソリン 8月限 1.5869 +0.0371
WTI ・・・ 48.54 +0
シカゴコーン ・・・ 350.5 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 930.25 +7.25
シカゴコーヒー ・・・ 128.4 -0.05
CRB商品指数 ポイント 175.8858 +0