外為 | 2017年03月17日 22:16 JST

〔NY外為〕円、113円台前半(17日朝)

 【ニューヨーク時事】週末17日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、新規材料に欠ける中、1ドル=113円前半で小動きとなっている。午前9時現在は113円10~20銭と、前日午後5時(113円25~35銭)比15銭の円高・ドル安。  米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けた円買い・ドル売りが一服、新規材料難から狭いレンジでの商いが続いている。市場では、この日からドイツのバーデンバーデンで開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が、競争的な通貨切り下げ回避に向けてどの程度踏み込んだ声明を発表するかなどに注目が集まっている。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.0730~0740ドル(前日午後5時は1.0761~0771ドル)、対円では同121円45~55銭(同121円92~122円02銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.85 -0.28
NYMEX金先物 6月限 1276.2 +2.5
NYMEXプラチナ先物 7月限 883.9 +0.9
NYMEXガソリン 6月限 2.0546 -0.0083
WTI ・・・ 65.91 +0
シカゴコーン ・・・ 356 -6.75
シカゴ大豆 ・・・ 908.5 -20
シカゴコーヒー ・・・ 114.45 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0