外為 | 2017年03月20日 22:33 JST

〔NY外為〕円、112円台後半(20日朝)

 【ニューヨーク時事】週明け20日午前のニューヨーク外国為替市場では、新規の手掛かり材料が不足する中、円相場は1ドル=112円台後半で小動きしている。午前9時5分現在は112円70~80銭と、前週末午後5時(112円68~78銭)比02銭の円安・ドル高。  この日のニューヨーク市場は112円87銭で取引を開始。その後も主要な米経済指標の発表がなく手掛かり材料に乏しい中、狭いレンジでの商いとなっている。20カ国・地域(G20)財務省・中央銀行総裁会議が18日に公表した共同声明から「保護主義に対抗する」という文言が削除されたことなどを受け、海外市場では一時円が買われたものの、買い一巡後は徐々に売り戻された。  ユーロは同時刻現在、1ユーロ=1.0745~0755ドル(前週末午後5時は1.0733~0743ドル)、対円では同121円10~20銭(同120円98銭~121円08銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 43.38 +0.38
NYMEX金先物 6月限 1246.3 +0
NYMEXプラチナ先物 7月限 916.6 +5.1
NYMEXガソリン 6月限 1.4387 +0.0158
WTI ・・・ 43.21 +0
シカゴコーン ・・・ 359 +1.25
シカゴ大豆 ・・・ 906.75 +8.5
シカゴコーヒー ・・・ 122.5 +0.55
CRB商品指数 ポイント 168.5694 +0