外為 | 2017年04月20日 01:23 JST

〔ロンドン外為〕円、109円近辺(19日)

 【ロンドン時事】19日のロンドン外国為替市場では、米長期金利の戻りを眺めてドル買い優勢となり、円相場は1ドル=109円近辺に下落した。午後4時現在は108円90銭~109円00銭と、前日同時刻(108円65~75銭)比35銭の円安・ドル高。  商いは総じて閑散。午前の円は108円台後半で小動きに終始したが、午後に入って米国勢が参入すると、109円18銭まで下げ幅を拡大。ただ、さらにドルを買い進める材料もなく、円は109円近辺に水準を戻した。  ラボバンクのストラテジスト、ピョートル・マティス氏は「米連邦準備制度理事会(FRB)が6月に今年2回目の利上げを行う可能性をめぐる市場での織り込み率は、今月60%強にまで上昇した後、44%前後に低下した。トランプ米大統領による大規模景気対策への期待が急速にしぼんでいるほか、地政学的な緊張のエスカレーションが背景だ」と指摘した。  ユーロの対ドル相場は急伸し、午後4時現在1ユーロ=1.0710~0720ドル(前日同時刻は1.0595~0605ドル)。一時1.0737ドルまで買われた。対円でも同116円70~80銭(116円25~35銭)。  ポンドは1ポンド=1.2805~2815ドル(1.2760~2770ドル)と続伸。前日のニューヨーク市場では、英総選挙前倒しを受けて1.29ドル近辺に急伸し、昨年10月以来約6カ月半ぶり高値を付けていた。このほか、スイスフランは1ドル=0.9975~9985フラン(0.9985~9995フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 44.24 +0.43
NYMEX金先物 6月限 1246.4 +2.1
NYMEXプラチナ先物 6月限 917.8 +2.9
NYMEXガソリン 6月限 1.4598 +0.0258
WTI ・・・ 44.2 +0
シカゴコーン ・・・ 359.25 -2
シカゴ大豆 ・・・ 911.25 +2.5
シカゴコーヒー ・・・ 122.45 -0.3
CRB商品指数 ポイント 170.0126 +0