外為 | 2017年04月21日 15:02 JST

〔東京外為〕ドル、109円台前半=仏大統領選控えこう着(21日午後3時)

 21日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、仏大統領選を控えて動きにくく、1ドル=109円台前半でこう着している。午後3時現在、109円33~33銭と前日(午後5時、109円00~00銭)比33銭のドル高・円安。  早朝のドル円は買い戻しが先行し、109円40銭台へ上昇したが、午前9時以降は調整売りに押され、109円20銭前後に緩んで推移した。午後は仏大統領選待ちの様相を呈し、109円20銭台で小動きとなっている。日米財務相会談は米国からのドル高けん制がなく、「無難にこなした印象」(外為仲介業者)と受け止められ、為替相場への影響はなかった。  23日に仏大統領選の第1回投票が実施される。上位4候補は接戦を繰り広げており、反EUを掲げる候補者が決選投票に進むことへの警戒感は根強い。「結果を見極めるまではポジションを構築できない」(FX会社)とされ、ドル円はこの後も模様眺めとなる公算が大きい。  ユーロも対円、対ドルともに動意を欠いている。午後3時現在、1ユーロ=117円14~14銭(前日午後5時、117円15~17銭)、対ドルでは1.0714~0715ドル(1.0748~0748ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 44.24 +0.45
NYMEX金先物 6月限 1246.4 +2.1
NYMEXプラチナ先物 6月限 917.8 +2.9
NYMEXガソリン 6月限 1.4598 +0.0244
WTI ・・・ 44.2 +0
シカゴコーン ・・・ 359.25 -2
シカゴ大豆 ・・・ 911.25 +2
シカゴコーヒー ・・・ 122.45 -0.3
CRB商品指数 ポイント 170.0126 +0