外為 | 2017年04月21日 17:16 JST

〔東京外為〕ドル、109円台前半=終盤は売られる(21日午後5時)

 21日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、小動きが続いた後、終盤にかけて売られた。欧州情勢を背景にしたユーロ買いの流れが波及した。午後5時現在は、1ドル=109円19~24銭と前日(午後5時、109円00~00銭)比19銭のドル高・円安。  ドル円は早朝、やや買い戻され、午前9時前に109円40銭台に上伸した。その後は調整売りに押され、仲値後に109円20銭前後に緩んだ。午後にかけては同水準でのもみ合いが続き、株価が大引けにかけて一段高となると、ドル円も109円40銭近辺に強含んだ。終盤は、仏大統領選で中道系のマクロン氏がリードしていることが好感され、ユーロ買い・ドル売りが進んだ結果、対円でもドルは下押した。  ドル円相場は、前日の米国時間にムニューシン米財務長官が「税制改革案を近く提示する」と述べたことから投資資金がドルに集まり、109円台を回復。また、仏大統領選でマクロン氏が優位となっていることから「リスクがやや和らいだ」(FX会社)と受け止められ、水準を保った。  ユーロは終盤、対円で堅調、対ドルで買い優勢。午後5時現在は、1ユーロ=117円07~09銭(前日午後5時、117円15~17銭)、対ドルでは1.0721~0724ドル(同、1.0748~0748ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.04 +0.26
NYMEX金先物 12月限 1253.8 +2
NYMEXプラチナ先物 1月限 881.2 +8.2
NYMEXガソリン 12月限 1.6707 -0.0159
WTI ・・・ 56.95 +0
シカゴコーン ・・・ 348.5 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 967.75 +0.75
シカゴコーヒー ・・・ 116.9 -2.25
CRB商品指数 ポイント 184.2184 +0