外為 | 2017年07月07日 00:49 JST

〔ロンドン外為〕円、113円台前半(6日)

 【ロンドン時事】6日のロンドン外国為替市場の円相場は、米国のさえない指標を眺めて下げ止まり、1ドル=113円台前半となった。午後4時現在は113円15~25銭と、前日午後4時(113円20~30銭)比05銭の円高・ドル安。  円は113円10銭台半ばでスタート。米金利の上昇になびく形でじわりと軟化し、午前10時台には113円40銭台に下げ幅を広げた。その後は午後の米各種指標発表を控えて様子見ムードが強まり、この水準で小動きが続いた。  しかし、昼過ぎに発表されたADP全米雇用報告が市場予想を下回る内容だったため、円買い・ドル売りが再燃。円はもみ合いながら徐々に値を戻し、午後3時前には一時113円04銭を付けた。夕刻には米ISM非製造業景況指数が強めだったことで戻り売りの流れとなったが、終日おおむね底堅く推移した。  ユーロは対ドルで堅調。邦銀関係者は「(ユーロ売りの)キャリートレードの持ち高がたまっていたので、若干解消する動きが出ているようだ」と話した。対ドル相場は午後4時現在1ユーロ=1.1400~1410ドル(前日午後4時は1.1325~1335ドル)に上昇。対円では同129円05~15銭(128円25~35銭)となっている。  他の欧州通貨はポンドが1ポンド=1.2945~2955ドル(1.2920~2930ドル)と小幅高。スイス・フランは1ドル=0.9625~9635フラン(0.9655~9665フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 62.77 -0.18
NYMEX金先物 2月限 1330.6 +0.3
NYMEXプラチナ先物 4月限 999.4 -5.8
NYMEXガソリン 2月限 1.7657 -0.0088
WTI ・・・ 62.69 +0
シカゴコーン ・・・ 366.75 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 1032 +3.5
シカゴコーヒー ・・・ 121 +1.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0