外為 | 2017年09月12日 06:23 JST

〔NY外為〕円急落、109円台前半(11日)

 【ニューヨーク時事】週明け11日のニューヨーク外国為替市場では、大型ハリケーン「イルマ」の米本土上陸や北朝鮮情勢に対する警戒感が後退する中、安全資産とされる円を売る動きが活発になり、円相場は1ドル=109円台前半に急落した。午後5時現在は109円34~44銭と、前週末同時刻(107円80~90銭)比1円54銭の円安・ドル高。  10日にフロリダ州に上陸したイルマは、勢力を一段と弱めて熱帯低気圧に変わった。それに加えて、北朝鮮が9日の建国記念日に合わせて弾道ミサイルの発射など一段の挑発行動に出るのを見送っていたことから、投資家の過度なリスク回避姿勢が後退。欧米の主要株が全面高となる中、安全資産とされる円を売ってドルを買い戻す動きが加速した。  また、イルマと北朝鮮情勢を警戒して先週末に円が約10カ月ぶりに107円台を付けていた反動からこの日は持ち高調整の円売りが台頭したほか、米長期金利の上昇もドル買いを後押しし、円は一時109円51銭まで下落した。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1947~1957ドル(前週末午後5時は1.2032~2042ドル)、対円では同130円67~77銭(同129円66~76銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 63.95 -0.58
NYMEX金先物 1月限 1326 +7
NYMEXプラチナ先物 1月限 1005 +11.2
NYMEXガソリン 1月限 1.8835 -0.0199
WTI ・・・ 63.33 +0
シカゴコーン ・・・ 351.5 +1
シカゴ大豆 ・・・ 973 +2
シカゴコーヒー ・・・ 121.35 +0.25
CRB商品指数 ポイント 196.3443 +0