外為 | 2017年09月12日 12:03 JST

〔東京外為〕ドル、109円台前半=利益確定売りで伸び悩み(12日正午)

 12日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、利益確定売りなどにより、1ドル=109円台前半で伸び悩んだ。正午現在、109円29~30銭と前日(午後5時、108円41~42銭)比88銭のドル高・円安。  東京時間の早朝は、109円20銭台へ緩んだ後、株高を期待した買いなどで109円40銭付近に上伸した。仲値公示に向けては、国内輸入企業の買いや株価の堅調に支援されて109円60銭近辺まで水準を切り上げたが、買いは持続せず、109円30銭前後に押し戻された。  ドル円は、北朝鮮情勢への過度な警戒や米国の大型ハリケーンへの懸念が和らぎ、底堅く推移している。ただ、前週末に107円台を付けてからの上昇スピードが速いこともあり、「109円台後半では利食いや戻り待ちの売りが出ている」(外為仲介業者)という。国連安保理は、北朝鮮制裁決議を全会一致で採択。市場関係者からは「目先は北朝鮮の動向を見極める必要があり、ドル円の買い戻しは限られる」(FX会社)との声も聞かれる。  ユーロは朝方から対円、対ドルともに小動き。正午現在、1ユーロ=130円73~74銭(前日午後5時、130円26~26銭)、対ドルでは1.1960~1962ドル(1.2014~2014ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.22 -0.38
NYMEX金先物 9月限 1306.8 -6.5
NYMEXプラチナ先物 10月限 940.2 -11
NYMEXガソリン 9月限 1.722 -0.0146
WTI ・・・ 51.82 +0
シカゴコーン ・・・ 353.75 -0.25
シカゴ大豆 ・・・ 971.25 -3.25
シカゴコーヒー ・・・ 132.25 +0.7
CRB商品指数 ポイント 184.6093 +0