外為 | 2017年09月12日 15:07 JST

〔東京外為〕ドル、109円台前半=手掛かり難から小動き(12日午後3時)

 12日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、手掛かり難から上下に動きにくく、1ドル=109円台前半で小動きとなっている。午後3時現在、109円38~39銭と前日(午後5時、108円41~42銭)比97銭のドル高・円安。  ドル円は早朝、109円20銭台に小緩んだ後、午前9時前には株高を期待した買いが入り、109円40銭付近に上伸。仲値に向けては実需筋の買いも加わり、109円60銭近くまで続伸したが、同水準で伸び悩み、109円30銭前後に反落した。午後に入ってからは109円30~40銭前後の狭いレンジで推移している。  北朝鮮リスクの後退などを受けたドルの買い戻しは「おおむね一巡し、午後は様子見姿勢が強まった」(為替ブローカー)とされる。内外株高でドル円は底堅い地合いだが、「109円台半ばからは利食い売りなども厚い」(大手邦銀)とされ、引き続き109円台前半での値固め局面となる可能性が高い。  ユーロも午後は対円、対ドルともレンジ圏。午後3時現在、1ユーロ=130円81~82銭(前日午後5時、130円26~26銭)、対ドルでは1.1958~1959ドル(同1.2014~2014ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.55 -0.46
NYMEX金先物 11月限 1295.8 -19.9
NYMEXプラチナ先物 12月限 952.9 -30.6
NYMEXガソリン 11月限 1.7447 -0.0042
WTI ・・・ 56.52 +0
シカゴコーン ・・・ 343 +1.75
シカゴ大豆 ・・・ 990.5 -0.25
シカゴコーヒー ・・・ 122.75 -1.05
CRB商品指数 ポイント 190.3859 +0