外為 | 2017年09月12日 17:20 JST

〔東京外為〕ドル、109円台半ば=終盤に買い強まる(12日午後5時)

 12日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、終盤に欧州勢の買いが強まり、1ドル=109円台半ばに上伸した。午後5時現在、109円51~56銭と前日(午後5時、108円41~42銭)比1円10銭の大幅ドル高・円安。  ドル円は早朝、北朝鮮リスク後退などによる買いが広がって109円台半ばまで浮上した後、109円20銭台までやや緩んだ。仲値に向けては国内輸入企業の買いや日経平均株価の堅調な推移に支えられ、109円60銭付近まで水準を切り上げたが、持続せずに109円30銭近辺に反落した。午後は、手掛かり材料難から109円30~40銭前後でもみ合った。終盤、欧州勢が改めて買いを入れ、109円60銭付近まで強含む場面もあった。  市場の関心は、北朝鮮リスクから米インフレ動向に移りつつある。市場関係者らは「14日発表の8月の米消費者物価指数でインフレが鈍化するかどうかが注目される」(外資系証券)と指摘した。  ユーロは終盤、対円、対ドルとも値を上げた。午後5時現在は、1ユーロ=131円16~21銭(前日午後5時、130円26~26銭)、対ドルでは1.1973~1974ドル(同、1.2014~2014ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.22 -0.4
NYMEX金先物 9月限 1306.8 -6.5
NYMEXプラチナ先物 10月限 940.2 -10
NYMEXガソリン 9月限 1.722 -0.014
WTI ・・・ 51.82 +0
シカゴコーン ・・・ 353.75 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 971.25 -3.75
シカゴコーヒー ・・・ 131.8 +0.25
CRB商品指数 ポイント 184.6093 +0