������ | 2017年10月16日 22:32 JST

〔NY外為〕円、111円台後半(16日朝)

 【ニューヨーク時事】週明け16日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=111円台後半で小動きとなっている。午前9時20分現在は111円80~90銭と、前週末午後5時(111円81~91銭)比01銭の円高・ドル安。  前週末の円相場は、9月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回ったことを受けて年内利上げ観測が後退したことから、円買い・ドル売りが進んだ。週明けは円高・ドル安地合いが一服、海外市場を通じて狭いレンジでの商いが続いている。  ニューヨーク連邦準備銀行が朝方発表した10月のニューヨーク州製造業景況指数は30.2と前月の24.4から上昇し、市場予想(ロイター通信調べ)の20.7も上回ったが、相場の反応は限定的だった。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1800~1810ドル(前週末午後5時は1.1819~1829ドル)、対円では同131円90銭~132円00銭(同132円16~26銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.65 +0.72
NYMEX金先物 10月限 1226.5 +0
NYMEXプラチナ先物 10月限 827.8 +4.6
NYMEXガソリン 10月限 1.8911 +0.0256
WTI ・・・ 69.11 +0
シカゴコーン ・・・ 370.75 -4.5
シカゴ大豆 ・・・ 863.5 -7.25
シカゴコーヒー ・・・ 121.65 -0.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0