外為 | 2017年11月24日 16:58 JST

〔週間外為見通し〕ドル円、下値リスクくすぶる=外為どっとコム総研・神田氏

 神田卓也・外為どっとコム総合研究所調査部長=来週のドル円相場は、米国の税制改革の先行きが不透明なことから、下値リスクがくすぶる展開となりそうだ。  来週は、米上院で法人減税など税制改革案の審議・採決が予定される。ただ、この改革案が上院で可決されたとしても下院案と大きく違うため、上下両院協議会で調整して新たな法案で合意し、上下院で改めて採決する必要がある。年内の法案成立は困難な状況で、ドル高が進むとは考えにくい。ドル円は、9月安値(107円30銭)から11月高値(114円70銭)までの上昇幅の半値押しでいったん下げ止まった格好だが、税制改革の実現期待が一段と後退するようだと、下値を試す可能性がある。  ユーロドルは、ドルに対する不安の影響が出て、上値を模索する動きとなるだろう。  予想レンジは、ドル円が1ドル=110円00銭~112円50銭、ユーロドルは1ユーロ=1.1700~2050ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.69 -0.26
NYMEX金先物 12月限 1201.4 +1.1
NYMEXプラチナ先物 1月限 841.3 -2.9
NYMEXガソリン 11月限 1.5427 -0.0077
WTI ・・・ 55.58 +0
シカゴコーン ・・・ 366.5 +1
シカゴ大豆 ・・・ 867.25 +2
シカゴコーヒー ・・・ 109.2 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0