外為 | 2018年01月09日 23:39 JST

〔NY外為〕円、112円台半ば(9日朝)

 【ニューヨーク時事】9日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、海外市場での円買い・ドル売りの流れを引き継ぎ、1ドル=112円台半ばで強含みに推移している。午前9時15分現在は112円55~65銭と、前日午後5時(113円02~12銭)比47銭の円高・ドル安。  日銀はこの日、超長期国債の買い入れ規模の減額を公表した。これをきっかけに日銀の緩和姿勢の後退観測に加え、日米金利差が縮小するとの思惑が浮上し、円買い・ドル売りが活発化。ニューヨーク市場はこの流れを引き継ぎ、112円61銭で取引を開始した。円は一時112円50銭付近まで上昇したが、新規の手掛かり材料不足から円に追随買いを入れる動きは乏しく、落ち着いた値動きとなっている。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1925~1935ドル(前日午後5時は1.1962~1972ドル)、対円では同134円30~40銭(同135円27~37銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 71.84 -0.85
NYMEX金先物 6月限 1289.6 +5.9
NYMEXプラチナ先物 7月限 900.8 +7.4
NYMEXガソリン 5月限 2.2601 -0.0212
WTI ・・・ 71.8 +0
シカゴコーン ・・・ 408.5 +2.5
シカゴ大豆 ・・・ 1039.25 +8.25
シカゴコーヒー ・・・ 120.4 +1.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0