外為 | 2018年01月10日 23:48 JST

〔NY外為〕円、111円台半ば(10日朝)

 【ニューヨーク時事】10日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、日銀による長期国債買い入れの減額などを受けて進んだ円買い・ドル売りの流れを引き継ぎ、1ドル=111円台半ばに上伸している。午前9時現在は111円50~60銭と、前日午後5時(112円61~71銭)比1円11銭の円高・ドル安。  日銀が前日に超長期国債買い入れの減額を公表したことに加え、この日早朝には中国が米国債の購入を減らすかもしくは停止する可能性があるとの一部報道を受けて、海外市場で円買い・ドル売りが活発化。円は昨年12月初旬以来約1カ月ぶりに111円台に上昇した。ニューヨーク市場に入ってからは、円は上げ幅を若干縮小したものの、その後も円高・ドル安地合いが続いている。  米労働省が朝方公表した12月の輸入物価指数は前月比0.1%上昇と、市場予想平均(ロイター通信調べ)の0.5%上昇を下回ったが、市場の反応は限定的となっている。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1990~2000ドル(前日午後5時は1.1932~1942ドル)、対円では同133円75~85銭(同134円42~52銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.58 +0
NYMEX金先物 12月限 1282.6 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 879.8 +0
NYMEXガソリン 10月限 1.8982 +0
WTI ・・・ 68.82 +0
シカゴコーン ・・・ 357.25 +0
シカゴ大豆 ・・・ 894.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 113.95 +1.35
CRB商品指数 ポイント 0 +0