外為 | 2018年02月07日 21:20 JST

〔ロンドン外為〕円、109円台前半(7日正午)

 【ロンドン時事】7日午前のロンドン外国為替市場では、欧州株の反発を眺めて過度なリスク回避の動きが緩み、円相場は1ドル=109円台前半に上げ幅を縮めている。正午現在は109円15~25銭と、前日午後4時(109円25~35銭)比10銭の円高・ドル安。  日本の株価の上げ幅縮小を受けて相対的に「安全資産」とされる円が買われた東京市場の流れを引き継ぎ、円は108円90銭台付近に上昇してロンドン市場に入った。序盤はまだ上値を探る雰囲気が漂っていたが、欧州主要国の株価がそろって反発したことを受け、リスク回避の円買いを巻き戻す動きが徐々に拡大。昼前には109円20銭近辺まで押し戻された。市場関係者は「リスク回避でひと相場やったので、きょうは落ち着いた感じだ」(邦銀筋)と指摘した。  ユーロの対ドル相場は上げ幅縮小。ドイツでメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟と第2党の社会民主党が連立政権樹立で最終合意したと伝わったが、反応は鈍かった。先の邦銀筋は「節目とされていた1ユーロ=1.25ドルをあっさりと付けてしまったので、達成感が出ているのではないか。次にどう動くか難しく、調整で下げているのだろう」と話した。  対ドル相場は正午現在1ユーロ=1.2345~2355ドル(前日午後4時は1.2340~2350ドル)。対円では同134円80~90銭(134円90銭~135円00銭)。  ポンドは英国の欧州連合(EU)離脱問題が引き続き重しとなり、1ポンド=1.3885~3895ドル(1.3905~3915ドル)とさえない。スイス・フランは1ドル=0.9395~9405フラン(0.9380~9390フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.7 -0.43
NYMEX金先物 10月限 1482.7 +1.3
NYMEXプラチナ先物 1月限 900.3 -4.2
NYMEXガソリン 10月限 1.6388 -0.0054
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 397.75 +1
シカゴ大豆 ・・・ 936 +3.75
シカゴコーヒー ・・・ 93.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0