外為 | 2018年02月13日 01:23 JST

〔ロンドン外為〕円、108円台半ば(12日)

 【ロンドン時事】週明け12日のロンドン外国為替市場の円相場は、午後に米金利の上げ幅縮小を眺めたドル売りで若干強含み、1ドル=108円台半ばに上昇した。午後4時現在は108円50~60銭と、前週末午後4時(108円60~70銭)比10銭の円高・ドル安。  円は108円50銭台から60銭台でロンドン市場に入った。この日は東京市場が休場だったため、円を積極的に売り買いする動きは限定的。序盤は欧州株の上昇を眺めたリスク選好的な売りでじわりと軟化したが、材料難で商いも薄い中では明確な方向感は出ず、108円75銭で下げ止まった後は買い戻し優勢の流れに転じた。午後には米株価の続伸を受けて円買いが鈍る場面もあったが、米金利の上昇幅縮小を眺めてドル売りが目立つようになり、夕刻には一時108円44銭まで戻した。  ユーロは朝から上値が重かったが、昼ごろから米金利の動きを眺めたドル売りに支えられ、じわりと強含んだ。対ドル相場は午後4時現在1ユーロ=1.2270~2280ドル(前週末午後4時は1.2245~2255ドル)、対円では同133円20~30銭(133円10~20銭)と小幅高となった。  ポンドは小じっかりで推移していたが、英国の欧州連合(EU)離脱問題をめぐる不安が重しとなり、午後は徐々に上げ幅を縮める展開になった。1ポンド=1.3805~3815ドル(1.3800~3810ドル)。スイス・フランは1ドル=0.9385~9395フラン(0.9395~9405フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.46 +0.37
NYMEX金先物 11月限 1212.8 +8.1
NYMEXプラチナ先物 1月限 845.3 +2.7
NYMEXガソリン 11月限 1.5566 +0.0247
WTI ・・・ 56.44 +0
シカゴコーン ・・・ 367.5 -2.75
シカゴ大豆 ・・・ 888.75 +3.75
シカゴコーヒー ・・・ 112.55 +2.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0