外為 | 2018年04月06日 18:04 JST

〔週間外為見通し〕ドル円、底堅いが上値も重い=米通商政策警戒―みずほ証・鈴木氏

 鈴木健吾・みずほ証券チーフFXストラテジスト=来週のドル円相場は、底堅く推移するものの、米国の通商政策に対する警戒感から、上値は重いと予想する。  ドル円は、米経済の堅調が改めて意識され下支えされるだろう。米中貿易摩擦が激化するとの懸念から、リスクオフムードが再三強まることも想定される。ただ、市場には最悪の事態は避けられるとの見方が出ており、相場への影響は限られる可能性がある。  週末にかけては、翌週に予定されている日米首脳会談への警戒感が強まる見込み。トランプ大統領が通商分野で日本に無理な要求をしてくれば、ドル安・円高が進むだろう。  予想レンジは、ドル円が1ドル=106円80銭~108円20銭、ユーロドルは1ユーロ=1.2180~1.2280ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.31 +0.73
NYMEX金先物 10月限 1482.4 +0.9
NYMEXプラチナ先物 11月限 890 +2.3
NYMEXガソリン 10月限 1.6072 -0.0017
WTI ・・・ 53.23 +0
シカゴコーン ・・・ 387.25 +0
シカゴ大豆 ・・・ 933.25 +1.25
シカゴコーヒー ・・・ 98.85 +2.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0