外為 | 2018年04月13日 20:14 JST

〔ロンドン外為〕円、107円台後半(13日正午)

 【ロンドン時事】週末13日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、シリア情勢への過度な警戒感が和らぐ中で軟化し、1ドル=107円台後半に下げている。正午現在は107円60~70銭と、前日午後4時(107円20~30銭)比40銭の円安・ドル高。  円は東京時間夕刻に投機筋の売りで下げ幅を一段と広げ、107円50銭台付近でロンドン市場に入った。シリア情勢や米中貿易摩擦への行き過ぎた懸念は足元いったん和らいでおり、リスク回避ムードが後退する中で週末の持ち高調整とみられる売りが朝から活発化した。ただ、節目の107円50銭を抜けたこともあり、午前中は利益確定の円買いも目立った。一時107円70銭近くまで押される場面もあったが、買いを入れる向きも多く、底堅い値動きが続いている。  ユーロの対ドル相場は小じっかり。対ドル相場は正午現在1ユーロ=1.2315~2325ドル(前日午後4時は1.2310~2320ドル)。対円では同132円55~65銭(132円05~15銭)。  ポンドは1ポンド=1.4275~4285ドル(1.4225~4235ドル)と堅調。イングランド銀行(英中央銀行)の5月利上げを確実視した買いが引き続き根強い。武田薬品工業がアイルランドの製薬会社シャイアーの買収を検討する中、ポンド資金の需要を見込んだ思惑的な対円のポンド買いも出ているもよう。  スイス・フランは1ドル=0.9620~9630フラン(0.9615~9625フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 70.32 +0.39
NYMEX金先物 10月限 1206.6 -7.1
NYMEXプラチナ先物 10月限 834.2 -5.5
NYMEXガソリン 9月限 2.0146 -0.0011
WTI ・・・ 70.75 +0
シカゴコーン ・・・ 352.5 +5.25
シカゴ大豆 ・・・ 850.25 -0.5
シカゴコーヒー ・・・ 99.7 -0.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0