������ | 2018年04月23日 12:02 JST

〔東京外為〕ドル、107円台後半=買い一巡後はもみ合い(23日正午)

 23日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、買いが一巡した後は1ドル=107円台後半でもみ合っている。正午現在、1ドル=107円81~81銭と前週末(午後5時、107円55~56銭)比26銭のドル高・円安。  ドル円は早朝、買いが優勢となって107円80銭前後に上昇した。前週末の米長期金利上昇や、北朝鮮が「核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射中止」を表明したことなどが支援要因となった。  午前9時以降は107円90銭前後を上値にして107円80銭付近を中心としたもみ合いが続き、方向感に乏しい。米長期金利の上昇は支援要因ながらも、「米国株が下落し、日本株も軟調なことがドル円の圧迫要因」(為替ブローカー)という。  市場では「108円の手前は利食い売りも厚い」(大手邦銀)とされ、目先は107円台後半でのもみ合いが続くとの見方が多い。  ユーロも対円、対ドルでもみ合い。正午現在、1ユーロ=132円34~35銭(前週末午後5時、132円56~57銭)、対ドルでは1.2275~2275ドル(同1.2325~2325ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.08 -0.26
NYMEX金先物 7月限 1225.7 +1
NYMEXプラチナ先物 9月限 820.7 -2.3
NYMEXガソリン 7月限 2.0261 -0.0079
WTI ・・・ 67.98 +0
シカゴコーン ・・・ 346.25 +2.25
シカゴ大豆 ・・・ 839.5 +6.5
シカゴコーヒー ・・・ 105.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0