������ | 2018年04月27日 17:58 JST

〔週間外為見通し〕ドル円、高値もみ合い=FRB利上げ継続見通しで

 来週、再来週のドル円相場は、高値もみ合いになると予想。米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げ継続が改めて意識され、ドルを下支えするとみられる。  今週のドル円は上伸した。北朝鮮情勢や米中貿易戦争に対する懸念が後退する中、米経済の堅調などを背景に米長期金利が24日には4年3カ月ぶりに3%台まで上昇。これを受けて、週初1ドル=107円台後半だったドル円は、海外で同日、2カ月半ぶりに109円台前半に浮上した。NYダウ急落で一時108円台半ばまで押し戻されたものの、その後も米長期金利が3%近辺で推移すると、ドル円も109円台前半~半ばで売り買いが交錯した。  日本が大型連休となる来週は、米国の指標やFRBの政策発表などが注目される。FRBは5月2日の連邦公開市場委員会(FOMC)後に声明を発表する。今回、政策は据え置かれる公算が大きいが、「米経済に対する楽観的な見通しが示され、利上げ継続が意識されれば、ドル円はサポートされる」(国内証券)。指標は、4月30日に4月の米個人消費支出(PCE)物価指数が発表されるほか、米ISMの製造業景況指数が5月1日、非製造業景況指数が3日に公表される。また、4日は4月の米雇用統計が発表され、賃金の伸びが注目される。  大型連休明けの再来週は10日に4月の米消費者物価指数が発表される。  市場関係者は「FRBの利上げ見通しや、欧州経済鈍化への懸念から、ドルは欧州通貨や円に対して全面高となりそうだ」と予想した。  予想レンジは、ドル円が1ドル=107円50銭~110円50銭。ユーロドルが1ユーロ=1.1950~2250ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51.2 -1.07
NYMEX金先物 12月限 1237 +4
NYMEXプラチナ先物 1月限 785.3 +8
NYMEXガソリン 12月限 1.4343 -0.0129
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.75 -1
シカゴ大豆 ・・・ 900.5 +6.5
シカゴコーヒー ・・・ 97.65 +0.7
CRB商品指数 ポイント 0 +0