外為 | 2018年05月15日 17:39 JST

〔東京外為〕ドル、109円台後半=終盤にやや伸び悩む(15日午後5時)

 15日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、一時1ドル=110円に乗せたが、終盤にやや伸び悩んで109円台後半となった。午後5時現在、109円88~89銭と前日(午後5時、109円50~51銭)比38銭のドル高・円安。  ドル円は朝方、109円70銭前後で小動きした。仲値に向けては、五・十日の実需買いに支えられ上昇。買い一巡後は伸び悩み、109円70銭台を中心にもみ合った。午後1時ごろからは時間外取引での米長期金利上昇を眺めて、一時110円02銭まで買われたが、「110円付近ではドル売りが厚かった」(外為仲介業者)とされ、109円80銭台に小戻した。  「米長期金利が堅調に推移しており、ドル円は上昇基調」(資産運用会社)という。しかし、今月に入り110円台に2回乗せたものの、いずれも持続はしていない。「上値を試す勢いはなく、押し戻されている」(外為仲介業者)ためだ。今夜発表される米小売売上高については「個人消費の伸びが確認できれば、ドル買いが強まる可能性がある」(銀行系証券)との声が聞かれた。  ユーロは対円、対ドルで小動き。午後5時現在は1ユーロ=131円01~02銭(前日午後5時、131円15~20銭)、対ドルでは1.1922~1923ドル(同1.1978~1979ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.65 +0.72
NYMEX金先物 10月限 1226.5 +0
NYMEXプラチナ先物 10月限 827.8 +4.6
NYMEXガソリン 10月限 1.8911 +0.0256
WTI ・・・ 69.11 +0
シカゴコーン ・・・ 370.75 -4.5
シカゴ大豆 ・・・ 863.5 -7.25
シカゴコーヒー ・・・ 121.65 -0.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0