外為 | 2018年05月15日 20:18 JST

〔ロンドン外為〕円、109円台後半(15日正午)

 【ロンドン時事】15日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、ドルが買われた海外市場の流れを引き継ぎ、1ドル=109円台後半に下落した。正午現在は109円85~95銭と、前日午後4時(109円50~60銭)比35銭の円安・ドル高。  米長期金利の上昇を受け、東京市場の終盤にドル買いが活発化した。午前のロンドンでは材料難となり、円は薄商いの中を109円90銭近辺の狭いレンジでこう着状態となった。  スイスクオート・バンクのアルノー・マッセ氏は「ドルは前日、中東情勢の悪化を受けて軟化したが、反発している。もっとも、やや強く反発しすぎたようで、市場は米小売売上高の発表を前に様子見となっている」と指摘した。  ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.1915~1925ドル(1.1965~1975ドル)に下落。対円では同130円95銭~131円05銭(131円05~15銭)。  ポンドは1ポンド=1.3535~3545ドル(1.3590~3600ドル)と軟調。この日発表された英失業率は約43年ぶり低水準が続いた半面、賃金上昇率がまちまちの内容で、ポンド相場への影響は限定的となっている。  このほか、スイス・フランは1ドル=1.0000~0010フラン(0.9975~9985フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.46 +0.46
NYMEX金先物 8月限 1176.2 +5
NYMEXプラチナ先物 9月限 783.1 -5.8
NYMEXガソリン 8月限 1.9874 -0.009
WTI ・・・ 65.88 +0
シカゴコーン ・・・ 365.25 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 885.5 +1
シカゴコーヒー ・・・ 101.1 -0.6
CRB商品指数 ポイント 0 +0