外為 | 2018年05月15日 00:44 JST

〔ロンドン外為〕円、109円台半ば(14日)

 【ロンドン時事】週明け14日のロンドン外国為替市場の円相場は、薄商いの中を1ドル=109円台半ばの狭いレンジでこう着状態となった。午後4時現在は109円50~60銭と、前週末同時刻(109円35~45銭)比15銭の円安・ドル高。  東京市場の終盤から米長期金利の上昇を眺めてドルが買われ、円はジリ安の展開。ロンドンでは午前10時すぎに109円60銭近辺に水準を切り下げたが、動意に乏しく、正午前にかけて同50銭台に買い戻された。午後も商いは閑散としていた。  ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.1965~1975ドル(1.1940~1950ドル)。対円では同131円05~15銭(130円60~70銭)。  ユーロ圏主要国のイタリアでは、3月の総選挙後から続く新政権樹立に向けた連立協議が大詰めを迎えている。スイスクオート・バンクのペーター・ローゼンシュトライヒ氏は「市場はイタリアでの政治リスクの高まりを素通りしているようだ。欧州周縁諸国の国債利回りは、北部同盟と五つ星運動(による連立政権の誕生が近づいていることに)反応しなかった。この連立がイタリア政府の歳出に強いる劇的な負担にもかかわらず、ユーロは対ドルで堅調に推移した」と指摘した。  ただ、実際にEU懐疑派政権が誕生し、公約通りの政策を実行すれば、EUの財政規律に抵触するとみられており、同国の財政運営をめぐる市場の不安が今後再燃する可能性は排除できない。  ポンドは1ポンド=1.3590~3600ドル(1.3550~3560ドル)に回復。スイス・フランは1ドル=0.9975~9985フラン(0.9995~1.0005フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 72.24 +0.25
NYMEX金先物 5月限 1290.2 +0
NYMEXプラチナ先物 7月限 899.8 -2.1
NYMEXガソリン 5月限 2.2565 +0.0018
WTI ・・・ 72.21 +0
シカゴコーン ・・・ 402.75 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 1025.25 -3
シカゴコーヒー ・・・ 120.2 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0