������ | 2018年05月23日 17:11 JST

〔ロンドン外為〕円、110円近辺(23日午前9時)

 【ロンドン時事】23日朝方のロンドン外国為替市場の円相場は、米朝首脳会談が延期となる可能性が浮上したことでドル売り・円買いが進み、1ドル=110円近辺に上昇している。午前9時現在は109円95銭~110円05銭と、前日午後4時(110円95~111円05銭)比1円の円高・ドル安。  ユーロの対ドル相場は下落。朝方発表されたドイツの弱い経済指標を手掛かりに欧州経済の減速懸念が強まり、午前9時現在1ユーロ=1.1705~1715ドル(前日午後4時は1.1770~1780ドル)のドル高・ユーロ安。対円では同128円80~90銭(130円65~75銭)となり、130円を下回る水準で取り引きされている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.58 -1.35
NYMEX金先物 12月限 1242.7 -4.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 797.5 -10.3
NYMEXガソリン 12月限 1.4782 -0.0353
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 907 -7
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0