外為 | 2018年08月17日 00:09 JST

〔ロンドン外為〕円、110円台後半(16日)

 【ロンドン時事】16日のロンドン外国為替市場では、手掛かり材料に乏しい中でのもみ合いとなり、円相場は1ドル=110円台後半で推移した。午後4時現在は110円70~80銭と、前日午後4時(110円40~50銭)比30銭の円安・ドル高。  円は対ドルで午後に入っても狭いレンジ内の動きに終始した。トランプ米大統領がツイッターに「過去に例がないほど、お金がわれわれの大事なドルに流れ込んでいる」などとドル高を歓迎する投稿を書き込んだものの、さほど材料視されなかった。  新興国通貨は総じて落ち着きを取り戻している。トルコのアルバイラク財務相の投資家との電話会議で、同国経済の先行きに強気な見解を示したことで、通貨リラが対ドルで強含んだ。  ユーロは対ドル、対円で堅調。前日に対ドルで約1年1カ月ぶりの安値を付けた反動で、大きく買い戻された。ユーロの対ドル相場は午後4時現在1ユーロ=1.1385~1395ドル(前日午後4時は1.1310~1320ドル)。対円では同126円10~20銭(124円90銭~125円00銭)で1円20銭の円安・ユーロ高。  ポンドもユーロ同様に堅調。1ポンド=1.2720~2730ドル(1.2665~2675ドル)。スイス・フランは1ドル=0.9940~9950フラン(0.9935~9945フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.25 -0.31
NYMEX金先物 12月限 1210.1 -0.8
NYMEXプラチナ先物 1月限 833.8 +1.9
NYMEXガソリン 11月限 1.5606 -0.0115
WTI ・・・ 56.11 +0
シカゴコーン ・・・ 367 +0
シカゴ大豆 ・・・ 870.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 112.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0