外為 | 2018年10月10日 17:30 JST

〔東京外為〕ドル、113円台前半=ユーロドル下落でじり高(10日午後5時)

 10日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、ユーロ安・ドル高が波及して、1ドル=113円台前半にじり高となった。午後5時現在は、113円07~07銭と前日(午後5時、113円31~31銭)比24銭のドル安・円高。  ドル円は早朝、米長期金利の低下を受けて下落した海外市場の流れを引き継ぎ、113円を挟んで上値の重い展開となった。仲値前後にかけて、国内輸入企業によるドル買い・円売りで113円10銭近辺に上昇したが、その後は買いが続かず、113円前後で小動きとなった。終盤、欧州勢の参入に伴い、ユーロ売り・ドル買いを眺めて強含み、113円10銭前後に再浮上した。  終盤は「イタリアの財政不安でユーロ売りが出た」(資産運用会社)とみられ、「ユーロ売り・ドル買いが波及してドル円は強含んだ」(信託銀行)という。高水準で推移する米長期金利については「3.2%を超えても株高基調が続けばドル円は支援される」(外資系証券)とみられるものの、「足元の株価は不安定な動きで、現時点では金利の適正水準を見極めようとしている状態」(同)という。  ユーロは対円で小動き、対ドルで下落。午後5時現在は、1ユーロ=129円94銭~130円01銭(前日午後5時、130円01~02銭)、対ドルでは1.1491~1495ドル(同1.1474~1474ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 46.24 +0.25
NYMEX金先物 1月限 1250.1 +0.9
NYMEXプラチナ先物 1月限 794.8 -3
NYMEXガソリン 12月限 1.3505 +0.0064
WTI ・・・ 46.07 +0
シカゴコーン ・・・ 385.5 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 907.75 +0.25
シカゴコーヒー ・・・ 99.55 +0.15
CRB商品指数 ポイント 0 +0