外為 | 2018年10月10日 00:28 JST

〔ロンドン外為〕円、113円台前半(9日)

 【ロンドン時事】9日のロンドン外国為替市場の円相場は、米長期金利の上下を眺め、1ドル=113円台前半の狭いレンジでの小動きに終始した。午後4時現在は113円10~20銭と、前日同時刻(113円05~15銭)比05銭の円安・ドル高。  米国債10年物の利回りが7年5カ月ぶり高水準を更新し、欧州朝方にドル買いが強まった。円は113円39銭まで軟化したが、米金利の上昇一服でドル買いが巻き戻されると、113円05銭に水準を切り上げる場面もあった。午後に入り、トランプ米政権のヘイリー国連大使が辞任すると報じられると、ドル円は狭いレンジで方向感なく上下を繰り返した。  ユーロはイタリア不安を嫌気し、対ドルで1ユーロ=1.1465~1475ドル(1.1470~1480ドル)。一時1.1433ドルと、8月20日以来2カ月弱ぶり安値に下落した。対円では同129円75~85銭(129円75~85銭)。一時129円35銭と、1カ月ぶり安値まで売られた。  イタリアの欧州連合(EU)懐疑派政権で副首相兼内相を務める極右政党「同盟」のサルビーニ書記長が、ユンケル欧州委員長やモスコビシ欧州委員(経済・金融担当)を公然と非難。ばらまき予算の実現を目指す同政権と、ユーロ圏諸国の経済政策や予算編成を監視しているEUの対決が不可避の情勢となっている。イタリア国債10年物の利回りは4年8カ月ぶり高水準に達した。  ポンドは1ポンド=1.3085~3095ドル(1.3065~3075ドル)。スイス・フランは1ドル=0.9935~9945フラン(0.9925~9935フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 46.24 +1.29
NYMEX金先物 12月限 1249.2 +6.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 794.8 +2.7
NYMEXガソリン 12月限 1.3505 +0.0398
WTI ・・・ 46.07 +0
シカゴコーン ・・・ 385.5 -1.75
シカゴ大豆 ・・・ 907.75 -6.5
シカゴコーヒー ・・・ 100.55 +1.15
CRB商品指数 ポイント 0 +0