外為 | 2018年10月11日 20:08 JST

〔ロンドン外為〕円、112円台前半(11日正午)

 【ロンドン時事】11日午前のロンドン外国為替市場では、世界同時株安を受けて投資家のリスク回避姿勢が強まり、安全資産とされる円が買われ、円相場は1ドル=112円台前半で推移した。正午現在は112円20~30銭と、前日午後4時(112円65~75銭)に比べ45銭の円高・ドル安。  円は9月下旬以来の高値水準まで買い戻された。米国株の急落に端を発した世界的な株安の連鎖で、リスク回避気分が強まった。市場関係者からは「そもそも今月前半に114円台までするすると進んだのが不思議だったが、その分をあっさり打ち消した」(邦銀筋)との指摘が出ている。ただ、円買い一巡後はもみ合いで、株価にらみの展開となっている。  一方、英国の欧州連合(EU)からの離脱交渉の進展期待から、ユーロやポンドは対ドルで底堅い展開。ユーロの対ドル相場は正午現在1ユーロ=1.1570~1580ドル(前日午後4時は1.1530~1540ドル)。対円では同129円85~95銭(129円95銭~130円05銭)で10銭の円高・ユーロ安。  ポンドは1ポンド=1.3205~3215ドル(1.3195~3205ドル)。スイス・フランは1ドル=0.9870~9880フラン(0.9895~9905フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.9 -0.16
NYMEX金先物 6月限 1414.3 +9.7
NYMEXプラチナ先物 7月限 811.7 +1.1
NYMEXガソリン 6月限 1.8549 -0.0062
WTI ・・・ 57.68 +0
シカゴコーン ・・・ 446.75 +2.5
シカゴ大豆 ・・・ 909 +5.5
シカゴコーヒー ・・・ 102 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0