外為 | 2018年10月11日 00:33 JST

〔NY外為〕円、112円台後半(10日午前11時)

 【ニューヨーク時事】10日午前のニューヨーク外国為替市場では、米株式相場の大幅続落を背景に安全資産とされる円が買われ、円相場は1ドル=112円台後半に上伸している。午前11時現在は112円65~75銭と、前日午後5時(112円91銭~113円01銭)比26銭の円高・ドル安。  米労働省が朝方発表した9月の卸売物価指数(PPI)は季節調整後で前月比0.2%上昇。エネルギーと食料品を除いたコア指数も0.2%上昇した。市場予想(ロイター通信調べ、中央値)は全体が0.2%上昇、コアも0.2%上昇で、いずれも市場予想と一致。ただ、米長期金利が一時上昇したことでインフレ高進が意識されて株式相場が急落。投資家らのリスク回避姿勢が強まり、安全資産としての円買いが進んでいる。  また、ムニューシン米財務長官が10日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)とのインタビューで、輸出に有利になる通貨安誘導をけん制。通商摩擦をめぐり中国に対して厳しい姿勢を改めて示したことも、投資家心理を冷やし、円の支援材料となっている。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1530~1540ドル(前日午後5時は1.1487~1497ドル)、対円では同129円90銭~130円00銭(同129円77~87銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.41 +1.38
NYMEX金先物 2月限 1309.8 +9
NYMEXプラチナ先物 3月限 787.5 +17.9
NYMEXガソリン 2月限 1.5085 +0.0657
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 903.5 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 97.6 -0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0