������ | 2018年11月13日 09:02 JST

〔東京外為〕ドル、113円台後半=欧米株安などで反落(13日午前9時)

 13日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、前日の欧米株安に圧迫され、1ドル=113円台後半に反落している。午前9時現在、1ドル=113円68~68銭と前日(午後5時、114円16~16銭)比48銭のドル安・円高。  前日の海外市場では、米国がベテランズデーで取引が薄くなる中、114円台前半から113円台後半に反落した。欧米株式が大幅安となったことで「ややリスクオフ的な円買いが入った」(FX業者)とされ、一時113円60銭台まで下押した。その後は下げ渋ったものの、午前9時に向けて再び同水準までドル円は売られている。  東京時間は、欧米株安になびいて日経平均株価も下落すると見込まれ、これに伴って「ドル円もなお売りが出やすい」(同)とみられる。もっとも、「ユーロやポンドなど欧州通貨に対してドルは買われており、結果的にドル円の下げ余地は限られるだろう」(大手邦銀)と指摘されている。FRBの利上げ路線が継続する中、「日米金利差はなお拡大方向で、ドル円の支援要因になっている」(先のFX業者)との声も聞かれる。  ユーロは対円、対ドルで下落。前日に急落した流れが続き、なお地合いは弱い。午前9時現在、1ユーロ=127円59~60銭(前日午後5時、128円55~55銭)、対ドルでは1.1223~1224ドル(同1.1259~1263ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.41 +1.38
NYMEX金先物 2月限 1309.8 +9
NYMEXプラチナ先物 3月限 787.5 +17.9
NYMEXガソリン 2月限 1.5085 +0.0657
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 903.5 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 97.6 -0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0