外為 | 2018年11月23日 01:12 JST

〔ロンドン外為〕円、113円近辺(22日)

 【ロンドン時事】22日のロンドン外国為替市場では、手掛かり材料難から動意を欠き、円相場は1ドル=113円近辺の小動きとなった。午後4時現在は112円95銭~113円05銭と、前日午後4時と同じ水準だった。  円の対ドル相場は狭いレンジ内の動きとなった。米国が祝日で休場のため、市場参加者も少なかった。月末の20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)や米中首脳会談を控え、ここ最近は米国株を眺めた相場が続いており、「当面は上にも下にも抜けることはなさそうだ」(邦銀筋)との見方が出ている。  一方、ポンドは急伸し、ユーロも堅調だった。英国と欧州連合(EU)が離脱後の将来関係に関する政治宣言案で合意し、好感する買いが入った。ただ、11月15日以来の水準を一時回復しただけで、引き続き離脱をめぐる先行きに対しては慎重な見方が多いようだ。  ユーロの対ドル相場は午後4時現在1ユーロ=1.1400~1410ドル(前日午後4時は1.1390~1400ドル)。対円では同128円85~95銭(128円65~75銭)で20銭の円安・ユーロ高。  ポンドは大幅高。1ポンド=1.2870~2880ドル(1.2775~2785ドル)。  スイス・フランは1ドル=0.9945~9955フラン(0.9950~9960フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.76 +1.52
NYMEX金先物 6月限 1344.6 +37.1
NYMEXプラチナ先物 7月限 805.8 +12.4
NYMEXガソリン 6月限 1.7355 +0.035
WTI ・・・ 53.69 +0
シカゴコーン ・・・ 441 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 903.25 -2.5
シカゴコーヒー ・・・ 98.45 +2.2
CRB商品指数 ポイント 0 +0