外為 | 2018年12月05日 21:10 JST

〔ロンドン外為〕円、113円近辺(5日正午)

 【ロンドン時事】5日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、持ち高調整の中を1ドル=113円近辺で推移した。正午現在は112円90銭~113円00銭と、前日午後4時(112円95銭~113円05銭)比05銭の円高・ドル安。  米国の景気見通しをめぐる懸念を背景に、前日112円60銭台まで買われた円は、東京市場終盤に113円前半まで売り戻された。午前のロンドンでは新規の売り買い材料に乏しい中、113円10銭台から112円90銭台のレンジで方向感なく推移した。  ロンドン・キャピタル・グループは「利上げサイクルは終わりが近付いた可能性があるという米連邦準備制度理事会(FRB)のシグナルで米長期金利が3カ月ぶりの低水準に落ち込んだ。経済の減速をめぐる懸念から、イールドカーブはフラット化が進行。3年物の利回りは5年物を上回った。金利の逆転現象の後に景気後退が起きたことはしばしばある」と、市場の警戒感を指摘した。  ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.1350~1360ドル(1.1345~1355ドル)。対円では同128円20~30銭(128円20~30銭)。  ポンドは1ポンド=1.2770~2780ドル(1.2725~2735ドル)。英国の欧州連合(EU)離脱合意案の承認をめぐる先行き不透明感を背景に、前日の海外市場で昨年6月以来約1年6カ月ぶり安値圏の1.2660ドル近辺に下落。その後は安値拾いの買い戻しが入っている。このほか、スイス・フランは1ドル=0.9975~9985フラン(0.9965~9975フラン)(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.41 +1.38
NYMEX金先物 2月限 1309.8 +9
NYMEXプラチナ先物 3月限 787.5 +17.9
NYMEXガソリン 2月限 1.5085 +0.0657
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 903.5 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 97.6 -0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0