外為 | 2018年12月05日 23:24 JST

〔NY外為〕円、113円近辺(5日朝)

 【ニューヨーク時事】5日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、新規の手掛かり材料不足の中、持ち高調整の商いが中心となり、1ドル=113円近辺で小動きに推移している。午前9時現在は113円00~10銭と、前日午後5時(112円73~83銭)比27銭の円安・ドル高。  この日は、ブッシュ(父)元大統領の「国民追悼の日」に伴い、米金融市場の一部が休場となることから、全般的に動意は乏しい。当初予定されていたパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長による議会証言が延期されたほか、主要な米経済指標の発表もなく、新規の手掛かり材料も不足。ポジション調整が中心の薄商いとなり、円相場は未明から早朝にかけて113円近辺でこう着状態となっている。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1350~1360ドル(前日午後5時は1.1337~1347ドル)、対円では同128円35~45銭(同127円87~97銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.58 -1.35
NYMEX金先物 12月限 1242.7 -4.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 797.5 -10.3
NYMEXガソリン 12月限 1.4782 -0.0353
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 907 -7
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0