外為 | 2019年01月11日 07:26 JST

〔NY外為〕円、108円台前半(10日)

 【ニューヨーク時事】10日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米株価の上昇を背景にドル買いが優勢となり、1ドル=108円台前半で弱含みに推移した。午後5時現在は108円38~48銭と、前日午後5時(108円10~20銭)比28銭の円安・ドル高。  米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長はワシントンで開かれた討論会で、追加利上げについて「忍耐強く柔軟に」判断すると発言。性急な利上げはないとの安心感などから米株価が5営業日続伸したことを受け、市場ではドルを買って円を売る動きが優勢となった。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1495~1505ドル(前日午後5時は1.1537~1547ドル)、対円では同124円66~76銭(同124円73~83銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.51 +0.1
NYMEX金先物 7月限 1341.7 +0.5
NYMEXプラチナ先物 7月限 804.7 +0
NYMEXガソリン 6月限 1.7325 +0.0037
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 453 +0
シカゴ大豆 ・・・ 896.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 96 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0