外為 | 2019年01月11日 15:11 JST

〔東京外為〕ドル、108円台前半=様子見ムードでもみ合い(11日午後3時)

 11日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、材料難の中、様子見ムードが広がり、1ドル=108円台前半で推移している。午後3時現在、108円29~30銭と前日(午後5時、107円92~92銭)比37銭のドル高・円安。  ドル円は早朝、108円30銭台を中心に推移した後、やや軟化。仲値にかけて実需の買いが入り、108円40銭台に浮上した。正午にかけては、トランプ米大統領がメキシコ国境の壁建設をめぐり、非常事態宣言へ強気な姿勢を見せたことから、108円20銭台に弱含んだ。午後は材料待ちの中、様子見ムードが広がり、108円20~30銭台でもみ合いとなった。  日米株価の堅調な推移がドル円の下値を支えているとみられ、「この後の海外時間で米株が続伸するかを見極めたい」(外為仲介業者)との声が聞かれた。もっとも「ドル全面安の傾向が見られており、ドル円の上値は重い」(FX会社)ことから、限定的な値動きとなっている。  ユーロは午後、対円、対ドルで横ばい。正午現在、1ユーロ=124円82~83銭(前日午後5時、124円57~57銭)、対ドルでは1.1525~1525ドル(同1.1540~1540ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.9 +0.28
NYMEX金先物 6月限 1414.3 +15.4
NYMEXプラチナ先物 7月限 811.7 -1.3
NYMEXガソリン 6月限 1.8549 +0.0207
WTI ・・・ 57.68 +0
シカゴコーン ・・・ 446.75 +3
シカゴ大豆 ・・・ 909 -0.5
シカゴコーヒー ・・・ 104.65 +2.65
CRB商品指数 ポイント 0 +0