外為 | 2019年01月24日 01:32 JST

〔ロンドン外為〕円、一時110円台(23日)

 【ロンドン時事】23日のロンドン外国為替市場では、米中貿易協議の先行きをめぐって楽観的な見方が広がり、ドル買いが進行した。円相場は一時、昨年末以来約3週間ぶりに1ドル=110円台に下落。ただ、その後はさえない株価を眺めてドルが売られた。午後4時現在は109円60~70銭と、前日同時刻(109円40~50銭)比20銭の円安・ドル高。  午前の円は109円台半ばから後半の狭いレンジで方向感なく推移した。午後に入ると、米中貿易協議が3月1日の期限までに合意に達するとの見通しを米政府高官が示したと伝わり、ドルが急伸。一方、高寄りした米株価が上げ幅を削っていくと、米長期金利が急低下。ドルは売り優勢となり、円に買い戻しが入った。  ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.1375~1385ドル(1.1350~1360ドル)。対円では同124円70~80銭(124円20~30銭)。  ポンドは1ポンド=1,3060~3070ドル(1.2950~2960ドル)と、昨年11月上旬以来2カ月半ぶり高値圏。英国の欧州連合(EU)離脱をめぐり、混乱を招く「合意なき離脱」の阻止に向けた動きが議会で過半数を占める勢いとなったことが好感され、一時1.3081ドルまで買われた。  ポンドは対円でも好調で、昨年12月中旬以来1カ月余ぶり高値圏の1ポンド=143円台半ばに上昇した。  このほか、スイス・フランは1ドル=0.9955~9965フラン(0.9970~9980フラン)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.35 -1.38
NYMEX金先物 8月限 1497.3 +29.9
NYMEXプラチナ先物 10月限 861.9 -1.9
NYMEXガソリン 8月限 1.6675 -0.0255
WTI ・・・ 54.05 +0
シカゴコーン ・・・ 363.25 -5
シカゴ大豆 ・・・ 856 -14
シカゴコーヒー ・・・ 92 -1.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0