外為 | 2019年02月08日 17:26 JST

〔東京外為〕ドル、109円台後半=連休控えてもみ合い(8日午後5時)

 8日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、連休となる週末を控えて動意薄の中、1ドル=109円台後半でもみ合いとなった。午後5時現在、109円74~74銭と前日(午後5時、109円91~91銭)比17銭のドル安・円高。  ドル円は早朝、109円70銭台で推移した。午前9時以降、実需筋の買いが入り109円80銭台に浮上した。その後、日経平均株価が下げ幅を拡大すると109円60銭台に軟化したが、節目とされるこの水準では買い戻しが入り、正午にかけて109円70銭台に強含んだ。午後は、軟調な日経平均に圧迫されて弱含む場面もあった。終盤は、材料難の中、「週末を控え、ポジション調整の売り買いにとどまった」(FX会社)とされ、109円60~70銭台でもみ合いとなった。  ユーロ圏の成長率見通しが下方修正されたことや、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長が米中貿易協議について「かなり大きな隔たりがある」などと語ったことを受け、「世界経済の先行き不透明感から株安・円高の流れが優勢だった」(外為仲介業者)という。もっとも、ムニューシン米財務長官の訪中などの政治イベントを来週に控え、「目先の材料には乏しく、動きづらい局面だった」(前出のFX会社)とされ、1日を通して109円60~80銭台の狭い値幅に終始した。  ユーロも対円、対ドルで値動きに乏しい。午後5時現在、1ユーロ=124円45~45銭(前日午後5時、124円81~81銭)、対ドルでは1.1338~1338ドル(同1.1353~1354ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.13 +0.15
NYMEX金先物 8月限 1504.6 +0.4
NYMEXプラチナ先物 10月限 852.8 -2.9
NYMEXガソリン 8月限 1.6811 +0.0046
WTI ・・・ 56.13 +0
シカゴコーン ・・・ 359.5 +1
シカゴ大豆 ・・・ 855.75 +2.25
シカゴコーヒー ・・・ 91.45 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0