外為 | 2019年02月09日 07:19 JST

〔NY外為〕円、109円台後半(8日)

 【ニューヨーク時事】週末8日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米中両国による貿易協議の結果を見極めたいとの思惑などから様子見ムードが広がり、1ドル=109円台後半で小動きとなった。午後5時現在は109円70~80銭と、前日同時刻(109円78~88銭)比08銭の円高・ドル安。  主要な米経済指標の発表など新規の手掛かり材料に乏しく、前日に続いて世界景気の見通しや米中貿易協議の行方に注目が集まった。リスク警戒ムードがくすぶる中、この日も米国株の下落と米長期金利の低下が進み、円相場は109円台後半で底堅く推移。ニューヨーク市場に入ってからの値幅は20銭にとどまった。  米国が中国製品への追加関税を見送る猶予期間として設定した交渉期限の3月1日が3週間後に迫っているが、これまで目立った進展はないもようで、トランプ米大統領は前日、この期限前に中国の習近平国家主席と会談する「予定はない」と言明。両国間の溝がなお深いことをうかがわせた。ただこの日は、来週初めから北京で次官級、続いて閣僚級の協議を開催するとの公式発表もあり、協議結果を待ちたいとして積極的な商いは手控えられた。  ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1316~1326ドル(前日午後5時は1.1333~1343ドル)、対円では同124円26~36銭(同124円45~55銭)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.16 -0.19
NYMEX金先物 2月限 1343.3 -8.9
NYMEXプラチナ先物 4月限 834.2 -5.3
NYMEXガソリン 2月限 1.5981 -0.0048
WTI ・・・ 56.85 +0
シカゴコーン ・・・ 370.75 +6
シカゴ大豆 ・・・ 902.5 +9.5
シカゴコーヒー ・・・ 96.5 -1.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0