外為 | 2019年03月14日 12:06 JST

〔東京外為〕ドル、111円台半ば=株高などで小幅上昇(14日正午)

 14日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、株高などを眺めてやや買いが優勢となり、1ドル=111円台半ばに小幅上昇している。正午現在、1ドル=111円45~45銭と前日(午後5時、111円32~32銭)比13銭のドル高・円安。  ドル円は早朝、111円20~30銭前後で推移した。午前9時以降、やや上値が重くなって111円10~20銭前後で浮動。仲値後は、いったん伸び悩んだ日経平均株価が上げ幅を拡大するのを眺めてドル円もやや買われ、111円台半ばに水準を切り上げ、正午前後も同水準を維持している。  市場関係者は「株価が総じて堅調に推移する中、あすの日銀決定会合の結果公表を控えて追加緩和への思惑が一部で浮上していたようだ」(為替ブローカー)と指摘する。ただ、あすの会合自体は「現状維持が見込まれる」(大手邦銀)ため、ドル円の上昇が追加緩和への思惑を受けたものかどうかは明確ではない。午後も株価をにらんだ展開が続く見通しだが、「基本的には材料に乏しく、動きにくい」(FX業者)とされる。  ユーロも午前9時以降、対円は小高い。対ドルは横ばい圏。正午現在、1ユーロ=126円24~24銭(前日午後5時、125円56~57銭)、対ドルでは1.1326~1327ドル(同1.1279~1280ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 59.09 +0
NYMEX金先物 8月限 1313.9 +0
NYMEXプラチナ先物 10月限 844.6 +0
NYMEXガソリン 7月限 1.8227 +0
WTI ・・・ 58.46 +0
シカゴコーン ・・・ 371.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 905.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 94.6 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0