外為 | 2019年03月19日 09:03 JST

〔東京外為〕ドル円、111円台前半=FOMC控えて小動き(19日午前9時)

 19日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、19、20日のFOMCを控えて動きにくい中、1ドル=111円台前半で小動きとなっている。午前9時現在、111円38~38銭と前日(午後5時、111円48~48銭)比10銭の小幅ドル安・円高。  前日の海外市場では、欧州時間に111円半ばでもみ合った後、米国時間に入ってやや下押す場面があった。米株が当初軟調となった局面でドル円は調整的に売られ、一時111円30銭前後に下落。終盤には株価の持ち直しを背景に111円30~40銭前後に戻した。東京時間の早朝は111円40銭前後で推移している。  米国時間には、111円40銭付近の200日移動平均線を下回り、「ややストップロスの売りがみられたようだ」(大手邦銀)とされる。もっとも、同水準では買い戻しが入り、徐々に下げ渋った。  市場では「米国時間にやや売られた影響で上値の重さは残るが、移動平均を下回った後に戻り歩調になったことは地合いの底堅さも示す」(同)という。このため、東京時間は「上下に動きにくい中、レンジ圏での取引にとどまる」(FX業者)とみられる。  ユーロは対円、対ドルで小安い。午前9時現在、1ユーロ=126円27~27銭(前日午後5時、126円51~52銭)、対ドルは1.1336~1336ドル(同1.1349~1349ドル)。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.78 +0.01
NYMEX金先物 8月限 1423.3 +1.5
NYMEXプラチナ先物 8月限 842.6 +4.8
NYMEXガソリン 7月限 1.8787 +0.0051
WTI ・・・ 56.47 +0
シカゴコーン ・・・ 436 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 882.5 -0.75
シカゴコーヒー ・・・ 105.95 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0